忍者ブログ
シックライフ・シックハウス症候群・化学物質過敏症・アレルギーなどに関する事柄について事務局よりお届けいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


中日新聞より

アレルギーの子どもを持つお母さんたちが、子どもが安心して食べられる物や使える物を効率良く買い物できるようにと、高山市の市民グループ「ままみぃ」は、同市天満町の商業施設フレスポ飛騨高山にあるスーパー・駿河屋エブリ店と連携し、店内のアレルギー対応商品などが置かれた場所を示したマップの作成を進めている。十三日から店で配布する。

お母さんの買い物を効率良く

「スーパーに行ってもどこに自分のほしい商品があるのか分からない」「一店舗でそろえられる店がほしい」-。子どもが食べたり使う物が大丈夫なのか、気を配るお母さんにとって悩みの種だ。ままみぃのリーダー西岡和子さん(39)も、アレルギーを持つ長男が生まれた後「食べられる物、使える物を探すのにいろいろな店をはしごしないといけなかった」と振り返る。

西岡さんは、安心できる商品を置いてくれて、売り場が分かりやすいように客に情報提供をしてくれる店を探した。活動の支援をしてくれていたフレスポ内の「まちづくりスポット飛騨高山」に相談。アレルギー対応商品に力を入れようとしていた駿河屋エブリ店を紹介され、連携することが決まった。

エブリ店では、ままみぃのメンバー手作りのお菓子や、メンバーが実際に子どもに使ってみて良かった物が置いてある。これらの場所もマップに落とし込む。西岡さんは「必要な物が散らばっていると、お母さんたちにはどこにあるか分からない。マップを見ながら自分の子どもに合わせた買い物をしてほしい」と呼び掛ける。

店を経営する駿河屋魚一の社長溝際清太郎さん(28)は「よりニーズが集まることで、アレルギー対応商品の種類も増やすことができ、相乗効果が期待できる」と話す。


                NPO法人 シックハウス診断士協会
                      広島事務局:〒730-0856 広島市中区河原町5-3-2F
                      東京本部:〒108-0073 東京都港区三田2-1-41-1F 
                      東京事務局:〒103-0012 中央区日本橋堀留町1-11-5-2F
                      電話番号 082-961-5271  FAX番号 082-961-5272
                      ご相談 & お問い合わせメールアドレス
                              takya1123@dolphin.ocn.ne.jp

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
シックハウス診断士協会

cb953460.jpeg
シックハウス診断士補    テキスト

シックハウス診断士補問題集

シックハウス診断士     受験テキスト

41vR1YI9nuL__SL210_.jpg
シックハウス診断士
受験テキスト(上)

51jNQrc2KYL__SL210_.jpg
シックハウス診断士
受験テキスト(下)

シックハウス診断士協会 本棚
毛髪検査
ご案内

シックハウス問題対応
         専門家コース
不動産仲裁機構


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ NPO法人 シックハウス診断士協会だより ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]