忍者ブログ
シックライフ・シックハウス症候群・化学物質過敏症・アレルギーなどに関する事柄について事務局よりお届けいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


産経新聞記事より

日本全国で約908万世帯が犬を飼育し、飼育数は1153万4千匹に上るそうです(平成24年、ペットフード協会調べ)。そのうち7割が室内で飼われています。ペット(愛玩動物)というよりもコンパニオンアニマル(伴侶動物)という状態です。

リビングルームで犬と一緒に食事をし、同じベッドで眠っている方も多いのではないでしょうか? そこで、気をつけたいのは感染症の問題です。屋外へ散歩に連れ出す際、犬はいろいろな場所の臭いを嗅いだり、なめたりします。さらに、足裏の爪や肉球に土やほこりを付けてきます。ところが、犬を家族同様に考えている飼い主さんは、犬が運んできた土やほこりに対する意識が低い人が多いようです。

これまで、いろいろな家庭を対象としたカビや細菌の調査・研究を行っています。犬を室内飼育している家庭の方が、飼育していない家庭と比べて微生物汚染頻度が高い傾向が見られました。

表は、犬を飼育している3軒から提供してもらった飼育用具の微生物検査結果の一例。1年間使用したものでは、細菌で1万~1千万の単位で、真菌(カビ)で1千~100万の単位でそれぞれ想像以上に多いことが分かります。

足拭きタオルは1カ月の使用で、犬の足を拭いた後、そのまま玄関に置き、半乾きのまま3日間経過したものを調べました。洗わずに放置すると微生物は大繁殖します。玩具などの飼育用具も日頃の衛生管理を怠っていることがうかがえます。屋外の土の中には細菌やカビが1グラムあたり万単位で存在しています。中には食中毒や感染症の原因になる細菌やアレルギー疾患の原因になるカビも含まれます。

犬に感染してもほとんど無症状ですが、人に感染すると重篤な症状を引き起こす人獣共通感染症があります。犬を介して人への感染が懸念される疾病には、回虫症、皮膚糸状菌症、エルシニア症、パスツレラ症などが知られています。免疫力が弱い子供やお年寄りがいる家庭では注意が必要で、口移しで餌を与えることは厳禁です。

散歩から帰ったら部屋に上げる前に必ず犬の足をよく洗い、泥汚れを洗い流し、体も十分拭いてやりましょう。犬飼育用具はこまめに洗浄し、部屋の清掃を怠らないことも大切です。


                   NPO法人 シックハウス診断士協会
                      広島事務局:〒730-0856 広島市中区河原町5-3-2F
                      東京本部:〒108-0073 東京都港区三田2-1-41-1F 
                      東京事務局:〒103-0012 中央区日本橋堀留町1-11-5-2F
                      電話番号 082-961-5271  FAX番号 082-961-5272
                      ご相談 & お問い合わせメールアドレス
                              takya1123@dolphin.ocn.ne.jp 

PR

産経新聞記事より

嫌なゴキブリが発生する季節になった。繁殖のピークは気温が30度を超えた頃だが、今の時期に予防策を講じておけば夏に家庭内に出るゴキブリの数は激減するという。専門家に予防方法を聞いた。

清潔を心掛ける

ゴキブリ駆除会社「中央環境サービス」(兵庫県宝塚市)の向江祝雄(のりお)社長(53)によると、ゴキブリは気温が18度を超えると活動が活発化し、今頃から家庭内で見掛けることが多くなる。

家庭に出る主なゴキブリは2種類。黒くて大きなクロゴキブリと、茶色で小さなチャバネゴキブリ。アレルギーなどの原因にもなるので徹底的な予防が必要だ。

予防法は、(1)侵入経路を徹底的にふさぐ(2)餌になるものを排除する(3)巣になる場所をなくす-の3つ。室内への侵入経路は、(ア)床下(イ)窓(ウ)玄関(エ)排水口-の4カ所が多い。

向江社長によると、侵入経路で目立つのは(ア)。台所や洗面台のシンク下には、床下とつながる配管部分と床のつなぎ目に隙間がある。そこから侵入するため、隙間は粘着テープなどでふさぐ。

洗面台のオーバーフロー穴(水があふれないようにするための穴)には、三角コーナー用の網などを小さく切り、粘着テープで貼るなどして侵入を防ぐ。

次は(2)の餌となるものの排除。向江社長は「臭いに寄ってくるので、生ごみや空き缶を入れるごみ箱などはきれいに洗い、清潔にしておくことが非常に大事」。食べ物は可能な限り冷蔵庫にしまい、ペットの餌なども必ず密封。生ごみの口はしっかり縛る。臭いが出にくい密閉タイプの蓋付きのごみ箱や、除菌・消臭スプレーを利用するのもいい。

ゴキブリは雑食で、髪毛やホコリも食べるため、常に掃除し、清潔を保つよう心掛ける。

(3)の巣になる場所をなくす作業。特に小さなチャバネゴキブリは巣を作り、集団ですんでおり、1匹見掛けたら複数いる可能性が高い。巣といっても動物のように判別しやすい巣があるのではなく、集まっている場所が巣。室内に作ることもあれば、庭やベランダなどに作ることもある。

食器棚の奥の方を見れば黒い粉のような糞(ふん)が見つかることがある。それらが集まった所がチャバネゴキブリの巣。見つけたら片付け、周辺に市販のホウ酸団子などのベイト剤(毒餌系の殺虫剤)を置けば駆除できる。

庭やベランダも

クロゴキブリもチャバネゴキブリほど集団ではないが、数匹単位で生活している。チャバネゴキブリよりも少し大きい黒い粒状の糞が固まっている所があれば、それがクロゴキブリの巣。糞を片付け、ベイト剤を置く。

ゴキブリが好むのは、配管周りや冷蔵庫の隅など暗く、湿気があり、温かい場所。シンク下の上下4つの角(計8カ所)にはベイト剤を必ず置く。しかし、「ベイト剤にはゴキブリを引き寄せる効果があるため、玄関や窓周辺などにはできる限り置かないでほしい」(向江社長)

庭やベランダにも巣がある可能性があるが、植木鉢などは一度、場所を移し、周囲を掃除したりすると、巣から追い出されたと勘違いしていなくなるという。

卵には殺虫剤効かず

注意したいのがゴキブリの卵だ。卵には殺虫剤も効かない。「卵を掃除機で吸って放置しておいたら、小さなゴキブリの幼虫がたくさんわいたという事例もある。卵を掃除機で吸った後の紙パックはポリ袋で密封して捨て、必ず早めに燃えるごみとして廃棄を」(向江社長)

卵は、クロゴキブリが黒色、チャバネゴキブリは茶色で、ともに角が丸い長方形。丸い糞との違いを見分けて徹底的に駆除する。

                NPO法人 シックハウス診断士協会
                      広島事務局:〒730-0856 広島市中区河原町5-3-2F
                      東京本部:〒108-0073 東京都港区三田2-1-41-1F 
                      東京事務局:〒103-0012 中央区日本橋堀留町1-11-5-2F
                      電話番号 082-961-5271  FAX番号 082-961-5272
                      ご相談 & お問い合わせメールアドレス
                              takya1123@dolphin.ocn.ne.jp


厚生労働省より

  










  薬害を学ぼう



                  NPO法人 シックハウス診断士協会
                      広島事務局:〒730-0856 広島市中区河原町5-3-2F
                      東京本部:〒108-0073 東京都港区三田2-1-41-1F 
                      東京事務局:〒103-0012 中央区日本橋堀留町1-11-5-2F
                      電話番号 082-961-5271  FAX番号 082-961-5272
                      ご相談 & お問い合わせメールアドレス
                              takya1123@dolphin.ocn.ne.jp


産経新聞記事より

埼玉県で3月、車中に残された1歳と2歳の幼いきょうだいが熱中症とみられる症状で死亡する事故が起きた。まだ肌寒い季節。だが、専門医は体が暑さに慣れないこの時期が、かえって熱中症の危険は高いと指摘する。

気温23度→車内48度

3月15日午後3時頃、埼玉県小川町の駐車場にとめられた乗用車内で、2歳の男児と1歳の女児がぐったりしているのを母親が見つけた。2人は搬送された病院で死亡が確認された。脱水症状による熱中症とみられている。

熊谷地方気象台(同県)によると、この日の最高気温は14・6度。天候は晴れで穏やかな陽気だった。両親は同日午前、2人を保育園に送るために車に乗せたが、お互いが送っていくと勘違いし、それぞれに外出してしまったという。

「最高気温は日陰の百葉箱の中で測るもの。車の色によっても異なるが、閉鎖空間であるうえ、日差しに加え、放射熱や滞留熱があり、短時間で高温になる。特に子供は身体的に未熟で脱水になりやすい」と話すのは、済生会横浜市東部病院こどもセンターの小児科医、十河剛(そごう・つよし)さんだ。

日本自動車連盟(JAF)のテストでは、外気温の最高値が23度だった4月下旬で、車内温度(運転席の顔付近)は48・7度、ダッシュボードは70・8度に達した。十河さんは「季節的にも体が暑さに慣れていないため、春から初夏にかけての季節は熱中症が起きやすい時期」と指摘。窓を少し開けておいても、車内温度の上昇にはほとんど効果がないことも確認されている。

塩分も忘れずに

子供は大人に比べ、

・短時間で深部体温が上がる
・体内循環が活発で、水分が失われやすい
・体温調節機能が未発達なため、尿と汗のバランスをとることができない

といった特徴から脱水、熱中症になりやすい。

車内に限らず、体温の上昇や脱力、嘔吐(おうと)など熱中症の症状が表れたら、まず涼しい所に移し、頭を低くして寝かせる。首や頭を冷やし、飲めるようなら水分と塩分を補給する。市販の経口補水液が望ましいが、なければスポーツドリンクや手作りの補水液で代用する。

「医療機関に運ばれて『水は飲ませた』という人は多いが、水だけを飲ませると必要な塩分が薄まってしまい、症状が改善されないことも多い。塩分を必ず一緒に補給してほしい」(十河さん)

自分で意思表示ができない幼児はもちろん、小学生でも自覚のないうちに熱中症になることも少なくない。十河さんは「短い時間でも放置は危険。長時間のドライブなどのときや、子供や高齢者が喉が渇いた自覚がないときでも、時間ごとに水分を補給してほしい」と話している。

【用語解説】経口補水液

水に主に糖分(ブドウ糖)、塩分(ナトリウム)を混ぜたもの。脱水症状の治療に用いられる。吸収しやすくするため、配合のバランスが重要。途上国では感染症などに伴う脱水対策として輸液に代わる治療法とされている。「OS-1」などの市販品はスポーツドリンクに比べ、ナトリウムやカリウムが多く配合されており、特別用途食品として薬局で販売されている。


                  NPO法人 シックハウス診断士協会
                      広島事務局:〒730-0856 広島市中区河原町5-3-2F
                      東京本部:〒108-0073 東京都港区三田2-1-41-1F 
                      東京事務局:〒103-0012 中央区日本橋堀留町1-11-5-2F
                      電話番号 082-961-5271  FAX番号 082-961-5272
                      ご相談 & お問い合わせメールアドレス
                              takya1123@dolphin.ocn.ne.jp    


読売新聞より

食事で培う免疫力

山梨大学と読売新聞甲府支局が共催する連続市民講座「あすの生命と健康を見つめる」の第9回講義が19日、甲府市武田の同大甲府東キャンパスで行われた。医学部の中尾篤人教授(免疫学)が「食と免疫~食物が免疫系の発達や機能に与える影響~」と題して講演。会場いっぱいの約250人の聴講生を前に、食事に支えられた免疫の仕組みやアレルギー反応について解説、母乳のアレルギー疾患への効用など最近の研究も紹介した。

免疫は体のバリア

ばい菌が多い肥だめなどでへっちゃらなハエでも、免疫遺伝子をおかしくすると、体にカビや細菌が出て死にます。人間は、がん患者が抗がん剤でがんは良くなっても、免疫の働きが悪くなり感染症で亡くなる方が意外に多いのです。

地球上は細菌やウイルスなど目に見えない病原体に満ちていて、我々が病気を発症せずにいられるのは体を守る免疫がバリアのように何重にも体に張り巡らされているからです。

わかりやすい免疫は皮膚ですが、唾液や涙、汗、耳あかといった分泌物も、抗菌物質が必ず入って
います。おなかにばい菌が入ってしまっても、胃酸があるので通常のばい菌はほとんど生きていけません。

体にすむ菌も免疫

私たちの体にすみ着いてばい菌に対抗してくれるのが常在菌です。腸内の常在菌である乳酸菌やビフィズス菌は、体に有用な栄養素を作ると同時に、ばい菌を排除しているのです。

せっけんで皮膚を洗いすぎると、皮膚の常在菌が消えて、かえってばい菌がすみやすくなり、病気の危険を高めると言われています。

親や祖父母が赤ちゃんをすりすりして抱きしめるのは、赤ちゃんが生まれてきた環境にすむ病原体に有効な常在菌を移す行為です。イヌやネコの常在菌は、人に害を及ぼす可能性もあるので、すりすりするのはあまり勧められません。

血液中のリンパ球

けがでバリアが崩れることがあります。こうした時などに病原体を排除するのが白血球。このうち最も重要なのがリンパ球です。

リンパ球は二つの武器を持っており、一つは病原体を殺す「T細胞」。もう一つは「B細胞」と呼ばれ、病原体由来の毒を中和したり、リンパ球以外の白血球が病原体を攻撃するのを助けたりする抗体を作ります。

T細胞や抗体は病原体に感染後、1週間ぐらいたたないとできません。ここが唯一の欠点で、新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)に世界中が戦々恐々としたのは、数日でウイルスが体中に広がり、リンパ球が活躍する前に肺炎を起こして死ぬからです。この時間差を補うのがワクチン。感染前に病原性をものすごく弱めた病原体を体に入れ、T細胞や抗体をあらかじめ作るのです。

薬より栄養を

免疫力をつけるには細胞を元気に保つための十分な栄養の摂取が大事です。アフリカ中部地域では多くの子供たちが感染症で亡くなっていますが、薬より栄養を取れるようにしないと解決につながらないのです。

人間には、外から摂取しなければならない必須の栄養素が約40種あります。豚肉は、抗体の構成要素でもあるたんぱく質の元となる各種の必須アミノ酸を満遍なくたくさん含んでいます。

「足りない栄養素はサプリメントで」との考えには落とし穴があります。

1990年代、緑黄色野菜に入っている成分のサプリメントを食べれば、がんの発症リスクを減らせるのでは、と外国で三つの研究が行われました。1万8000人~3万人の喫煙者らに、ニンジンに多く含まれるベータカロテンなどを飲ませ続けた結果、二つの研究で肺がんリスクが高まり、もう一つも「肺がんや心臓病を予防しない」との結論でした。ベータカロテンは植物の免疫である抗菌物質。細菌などを殺す物質なので過剰摂取は良くないのです。

免疫の進化

免疫の仕組みは地球上の生物が何億年もかけて進化させてきました。リンパ球は、ヤツメウナギという種から備えるようになったと言われています。生物はその後、あごと歯を持ち、多種のものを食べ、病原体をいっぱい取り込むこととなり、免疫を進化させる必要に迫られたと考えられます。

人が優れた免疫を子孫に残そうとしていることを示す有名な実験があります。大学生ぐらいの男女を100人ずつ呼び、シャワーを浴びた男性が新しいTシャツを着てグラウンドを10周。外見を見せずにシャツの匂いを女性にかがせて、どの匂いが好きかと尋ねました。女性が選んだ男性との免疫遺伝子の関係を比較したら、女性は自分と似てない遺伝子を持つ男性の匂いを好む傾向にありました。

この理由は、例えばインフルエンザウイルスに弱くエイズウイルスに強い免疫を持つ女性は、インフルエンザウイルスに強くエイズウイルスに弱い男性を選び、両方のウイルスに強い免疫を持った子供を残そうとしていると考えられます。

ジャンクフードばかり食べてバランスの悪い食事をしていると免疫力が弱くなり、女性にあまりもてないことになります。

10年で2倍に

私は内科医の研修医時代にぜんそくになったこともあって、ぜんそくや花粉症などのアレルギー性疾患の研究をしています。

アレルギー性疾患は本来寄生虫に対する免疫反応が、花粉などの無害なものに対して起きている症状です。2003年の統計で日本人の3人に1人がアレルギー性疾患。山梨では2人に1人が花粉症と言われます。

スギ花粉が体内に入った時、涙やくしゃみ、鼻水を出して鼻が詰まるのは、花粉が体の奥の方にいかないようにしているのです。なぜ免疫がスギ花粉を寄生虫と勘違いするのか、理屈はまだわかりません。

子どもの食物アレルギーはここ10年で2倍になり、特に3歳以下で増えています。卵がだめだと、小麦も牛乳もと、複数の食材が食べられなくなることが多く、家族も大変です。給食の最中に小学生がショック症状を起こして死亡することがありますが、20歳以下の死因で食物アレルギーが非常に高い率になっています。

アレルギー性疾患が増えているのは日本や米国、欧州。寄生虫が圧倒的に減っていることが、原因でないかと考えられています。

アレルギー物質を注射

我々のような内科医はアレルギー性疾患の患者に、「卵を食べないで」「花粉に触れないように」と言うしかないのが実情です。なんとか対処法を開発しようと研究しています。

口から入ったたんぱく質には免疫が反応しないという説が昔から知られています。マウスにダニを注射して起こるアレルギー反応がありますが、あらかじめダニを食べさせると、反応が起きないというものです。

うまくいっていませんが、スギ花粉のエキスを食べれば、花粉症にならなくなるという治療法が行われています。食べ物として口から次々入れているものに免疫反応を起こしていたら、身が持たないので無視するというものです。

母乳の効果

最近研究されるようになったのが母乳の免疫に対する効果です。アレルギー性疾患の子供には、人工乳で育った子が圧倒的に多いことが分かっています。母乳には免疫の働きを調整するTGF-βという物質が入っていて、濃度が高い母乳を飲ませた赤ちゃんは、1歳時のぜんそくの発症率が圧倒的に低かったという米国の実験結果があります。

母親が食べた成分が母乳にわたるので、母親がサバを食べれば、母乳を飲んだ赤ちゃんはサバのたんぱく質をとることになる。TGF-β濃度が高い母乳だった場合、赤ちゃんはサバに対する食物アレルギーになりにくくなり、濃度が低いとなりやすいということも示されています。

現在、粉ミルクにTGF-βを入れたらアレルギー性疾患の予防に役立つかといった研究をしています。

最近のエイズ患者

エイズは感染後発症まで10年と言われます。最近のエイズ患者を見ていると、日本人男子は3、4年で発症する人が増えているように感じます。リンパ球がエイズウイルスとの戦いにすぐ負けてしまい、発症が早まっているのです。

薬も処方しますが、「食事をしっかり取る」「規則正しい生活をする」ことを徹底するように言うと、意外と発症時期を遅らせることができていると実感しています。これらのことがいかに免疫をつけるのに大事かということです。


                 
NPO法人 シックハウス診断士協会
                      広島事務局:〒730-0856 広島市中区河原町5-3-2F
                      東京本部:〒108-0073 東京都港区三田2-1-41-1F 
                      東京事務局:〒103-0012 中央区日本橋堀留町1-11-5-2F
                      電話番号 082-961-5271  FAX番号 082-961-5272
                      ご相談 & お問い合わせメールアドレス
                              takya1123@dolphin.ocn.ne.jp

HOMENext ≫
シックハウス診断士協会

cb953460.jpeg
シックハウス診断士補    テキスト

シックハウス診断士補問題集

シックハウス診断士     受験テキスト

41vR1YI9nuL__SL210_.jpg
シックハウス診断士
受験テキスト(上)

51jNQrc2KYL__SL210_.jpg
シックハウス診断士
受験テキスト(下)

シックハウス診断士協会 本棚
毛髪検査
ご案内

シックハウス問題対応
         専門家コース
不動産仲裁機構


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ NPO法人 シックハウス診断士協会だより ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]