忍者ブログ
シックライフ・シックハウス症候群・化学物質過敏症・アレルギーなどに関する事柄について事務局よりお届けいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


毎日新聞より

◇発症後の対応も練習 全職員で情報共有を

東京都調布(ちょうふ)市の小学校で昨年末、重い食物アレルギーーを持つ5年生の女児(11)が、アレルギーを起こす食材(アレルゲン)を含む献立(こんだて)を誤って食べ「アナフィラキシーショック」と呼ばれる強い症状を起こして死亡した。アレルギーに詳しい識者は、同様の事故はどこでも起こりうると警告する。学校給食に潜む危険−−。子どもの命を守るために何が必要かを考える。

市教委によると、女児には乳製品などに重い食物アレルギーがあった。亡くなった日、女児は給食のおかわりで「チヂミ」を食べた。このチヂミにはチーズが入っていたが、女児は知らなかった。

約30分後、女児は「気持ちが悪い」と訴え、呼吸困難を起こした。女児が「もれそう」と訴えたため、駆けつけた養護教諭がトイレに連れて行くうちに容体は悪化。校長が、ショック症状を抑えるため女児が携帯している自己注射薬「エピペン」を注射したが間に合わず、女児は同日夕に亡くなった。

女児にはアレルゲンを除いた専用の「除去食」が用意されていた。この日はチヂミが除去食だった。給食は他の子のように教室で受け取らず、調理員が手渡していた。教室では担任教諭が献立表の
一覧を持ち、おかわりしたい時は、アレルゲンの入った品でないかどうかを確認する決まりだった。

女児の保護者も念のため、同様の献立表を女児に持たせていた。アレルゲンの入った献立に印を
つけ、他の子と同じものを食べてはいけないことを、女児自身が確認できるようにしていた。

それでも事故は起きた。市教委によると、保護者が女児に持たせた献立表ではチヂミに印がついておらず、担任も、自分の一覧表を確認しないまま、チヂミを女児に渡していた。また、女児が呼吸困難を起こした際、担任は女児にエピペンを打つかどうかを尋ね、女児が「打たないで」と言ったため見送ってしまった。校長がエピペンを打ったのは、女児が「気持ちが悪い」と訴えた十数分後だった。

「死に至らないまでも、食物アレルギーで危険な状態に至る例はある。事故は氷山の一角です」。
小学校で30年間養護教諭を務めた帝京短期大の宍戸洲美(ししどすみ)教授は語る。

アナフィラキシーは全身性のアレルギー症状。乳幼児の5〜10%、小学生の1〜2%が食物アレルギーを持ち、その一部がアナフィラキシーを起こす。軽症の場合はじんましんや皮膚の赤みなどが発生し、重症化すると呼吸困難や意識障害、血圧低下などのショック症状に至る。

予防にはまず、給食で誤食を起こさないことだ。除去食専用の調理スペースを設ける、食器の色を変えるなど、原因となる食材を確実に除く対策が求められる。

宍戸教授の勤めた小学校では、給食トレーの上に献立カードを毎日置き、除去食に「×」をつけて、
他の子の献立と違うことを示した。肝心なのは「誰もがわかること」だ。

献立への対策も欠かせない。国立病院機構相模原病院臨床研究センターの海老澤元宏(えびさわもとひろ)・アレルギー性疾患研究部長は「今回のように、チヂミの中に粉チーズを入れるなど、普通は入れないような食材を、見えない形で入れることは誤食につながる」と注意を促す。

だが「それでも事故は起きる」と識者は口をそろえる。海老澤部長は「『ミスをゼロにはできない』という前提で、何重のチェック体制を作れるかが重要」と指摘する。

アナフィラキシーの怖い点は、分単位で進む症状進行の速さ。都立小児総合医療センターの赤澤晃(あかさわあきら)・アレルギー科部長は「早ければ1、2分で致命的になる」と話す。判断の遅れやミスは、命に直結する。エピペン注射のタイミングは迷いがちだが、文部科学省は「ショック症状が初期症状のうちに注射するのが効果的」と指導する。

赤澤部長は「救急対応や蘇生の研修を受けた教員を増やすべきだ」とも語る。個々の子どもの症状を把握し、それに合った対応策を練り、実際に練習もしておきたい。

情報共有も欠かせない。宍戸教授は「個人情報を理由にアレルギー情報の共有をためらう学校もあるが、命を守るためには全職員が共通認識を持つべきです」と訴える。

家庭では何ができるか。

「食物アレルギーの子を持つ親の会」事務局の伊藤友希(ゆき)さんは「予防も重要だが、緊急時の対応や処置法も担任らと事前に相談することが必要だ」と話す。

児童本人の教育も大切だ。宍戸教授は「子どもは常に大人の管理下にいるとは限らない。本人に自分の体について十分に認識させ、身を守る力をつけさせることが、誤食防止や救命への最後のとりでにもなる」と説く。

「心拍と呼吸がある状態で病院に着けば、アナフィラキシーで死ぬことはない」と海老澤部長。そのために周囲ができることは何か、改めて念入りに見直すことが必要だ。


◇児童・生徒がアナフィラキシーを起こしたら?

 気道を確保し、呼吸・血圧を確認

        →

 呼吸・血圧の低下、顔面そう白などショック症状がある場合

 直ちにエピペンを注射し、救急車を要請

 <注意点>

▽脚を高くして寝かせ、動かさない

▽動かす必要がある時も担架などを利用し頭を上げない

▽大人が決して離れない

▽できるだけ複数で対応する

 *海老澤部長の話などを基に作成


                  NPO法人 シックハウス診断士協会
                      広島事務局:〒730-0856 広島市中区河原町5-3-2F
                      東京本部:〒108-0073 東京都港区三田2-1-41-1F 
                      東京事務局:〒103-0012 中央区日本橋堀留町1-11-5-2F
                      電話番号 082-961-5271  FAX番号 082-961-5272
                      ご相談 & お問い合わせメールアドレス
                              takya1123@dolphin.ocn.ne.jp

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
シックハウス診断士協会

cb953460.jpeg
シックハウス診断士補    テキスト

シックハウス診断士補問題集

シックハウス診断士     受験テキスト

41vR1YI9nuL__SL210_.jpg
シックハウス診断士
受験テキスト(上)

51jNQrc2KYL__SL210_.jpg
シックハウス診断士
受験テキスト(下)

シックハウス診断士協会 本棚
毛髪検査
ご案内

シックハウス問題対応
         専門家コース
不動産仲裁機構


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ NPO法人 シックハウス診断士協会だより ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]