忍者ブログ
シックライフ・シックハウス症候群・化学物質過敏症・アレルギーなどに関する事柄について事務局よりお届けいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


南日本新聞社より

昨年12月、東京都調布市の小学校で乳製品にアレルギーのある5年生の女児が、給食を食べた後に急死する事故が起きた。担任教諭が誤ってチーズの入った料理を渡したのが原因だった。

この小学校では昨年9月にも、卵アレルギーのある1年生の給食に誤ってオムレツを出していた。むせるなどのアレルギー症状を出した児童は救急車で病院に搬送されて手当てを受け、幸い命に別条はなかった。

このときの経験が生かされなかったのは残念である。学校側の危機意識は低かったと言わざるを得ない。

文部科学省は事故を受けて昨年末、食物アレルギーのある児童生徒一人一人の状況に応じ、対応を求める文書を都道府県教育委員会に送った。校長や担任、栄養教諭、学校医らによる指導体制を整備し、保護者や主治医との連携を図るよう求めた。

すべての学校は、子どもたちのアレルギーの実態把握とチェック態勢の再確認を行ってほしい。

食物アレルギーは特定の食べ物を食べたとき、体にじんましんなどさまざまな反応が現れる。中でもアナフィラキシーショック(急性アレルギー反応)を起こすと、呼吸困難や意識障害などを伴い、命にかかわることもある。

文科省が2007年に公表した公立小中高校の調査では、食物アレルギーのある児童・生徒は全体の2.6%、鹿児島県では小学生の2.4%、中学生の2.5%に上った。約40人に1人の割合だ。

鹿児島県教育委員会によると、県内の小中学校は、入学前の就学時健康診断や年度当初の調査でアレルギーの把握に努めており、各市町村はアレルギー食対応の調理員を配置するなどの対応をとっている。鹿児島市では12年度、給食で代替食を提供しているケースが466件、弁当やおかずを持参する例も約100件あった。

食物アレルギーは、周囲の正しい理解がなければ単なる好き嫌いと思われる恐れもある。本人や親たちにとってつらいのは、食べたいのに食べられないことに加えて、無理解からくる偏見だという。

県教委は、アレルギー対応食を出す場合に、学校全体で情報を共有し、クラスの子どもたちにもアレルギーについて説明するように指導している。さまざまな体質の人がいることを知り、相手の気持ちを想像することは、思いやりの心を育てることにもつながる。

学校と家庭の連携、そして正しい知識を広めることで、食物アレルギーをめぐる事故から子どもたちを守っていきたい。


                  NPO法人 シックハウス診断士協会
                      広島事務局:〒730-0856 広島市中区河原町5-3-2F
                      東京本部:〒108-0073 東京都港区三田2-1-41-1F 
                      東京事務局:〒103-0012 中央区日本橋堀留町1-11-5-2F
                      電話番号 082-961-5271  FAX番号 082-961-5272
                      ご相談 & お問い合わせメールアドレス
                              takya1123@dolphin.ocn.ne.jp

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
シックハウス診断士協会

cb953460.jpeg
シックハウス診断士補    テキスト

シックハウス診断士補問題集

シックハウス診断士     受験テキスト

41vR1YI9nuL__SL210_.jpg
シックハウス診断士
受験テキスト(上)

51jNQrc2KYL__SL210_.jpg
シックハウス診断士
受験テキスト(下)

シックハウス診断士協会 本棚
毛髪検査
ご案内

シックハウス問題対応
         専門家コース
不動産仲裁機構


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ NPO法人 シックハウス診断士協会だより ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]