忍者ブログ
シックライフ・シックハウス症候群・化学物質過敏症・アレルギーなどに関する事柄について事務局よりお届けいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


北海道新聞より

【紋別】開校百周年の節目に建設された紋別市立小向(こむかい)小(山岸典昭校長、児童十五人)の新校舎が、複数の児童と教職員が体の不調を訴えて二月末から使えないまま、二十三日に一学期が終わる。

シックハウス症候群と診断された児童一人は自宅学習を強いられている。

原因が分からず、新校舎使用再開のめどが立たないまま五カ月弱。別の小学校の校舎からも化学物質が参考値ながら基準を超えて検出され、二学期以降に学校を移る選択肢もなくなりつつある。(紋別支局 木村啓太) 

「何が原因か分からないうちは、この先の検査の数値をいくら見たって安心できない」と、児童の父親(42)が心配する。

約一カ月使われた新校舎の教室には、児童の姿がないまま机やいすが並べられ、換気のために設備した空気清浄機の音だけが、寂しげに響く。 一方、児童たちは学校の代わりに同市小向生活改善センターに通い、授業は広間に三つの教室と特別支援学級、職員室が仕切り板で隔てられた中で行われている。隣の授業の声が聞こえ、職員室の電話の音が響く。体育は長距離走など戸外でできるものだけだ。 

新校舎は教室などの棟と体育館とから成り、紋別市教委によると、文部科学省の基準に沿った建材を使い、昨年十二月に完成。

使用前検査で、シックハウス防止のため同省が定めるホルムアルデヒドなど六物質は、基準値内だった。

一月十八日から使用を始めたが、二月に入り、児童十人と教職員三人が頭痛や目の痛みを訴え、二月二十七日から同センターに移った。一人を除き、児童や教職員は快方に向かいつつも、印刷物などが発する化学物質に今も悩まされている。 三月四日に体育館で開校百周年式典が開かれ、地域住民を含む二百五十人が出席して新校舎落成も祝った。体育館も二月末から使用を中止してきたが、式典のために一日だけ使用した。 当時の児童会長・佐藤芙季さん(現六年生)は「立派な校舎ありがとうございます。この学校で元気に勉強します」と、新学期から再開するはずの新校舎での授業に期待を寄せたが、まだ間借り生活の終わりは見えない。



                   NPO法人 シックハウス診断士協会
                      広島事務局:〒730-0856 広島市中区河原町5-3-2F
                      東京本部:〒108-0073 東京都港区三田2-1-41-1F 
                      東京事務局:〒103-0012 中央区日本橋堀留町1-11-5-2F
                      電話番号 082-961-5271  FAX番号 082-961-5272
                      ご相談 & お問い合わせメールアドレス
                              takya1123@dolphin.ocn.ne.jp        

                          
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
シックハウス診断士協会

cb953460.jpeg
シックハウス診断士補    テキスト

シックハウス診断士補問題集

シックハウス診断士     受験テキスト

41vR1YI9nuL__SL210_.jpg
シックハウス診断士
受験テキスト(上)

51jNQrc2KYL__SL210_.jpg
シックハウス診断士
受験テキスト(下)

シックハウス診断士協会 本棚
毛髪検査
ご案内

シックハウス問題対応
         専門家コース
不動産仲裁機構


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ NPO法人 シックハウス診断士協会だより ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]