忍者ブログ
シックライフ・シックハウス症候群・化学物質過敏症・アレルギーなどに関する事柄について事務局よりお届けいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


共同通信記事より

シックハウス症候群になったのは購入マンションの建材に含まれたホルムアルデヒドが原因だとして、神奈川県平塚市のイラストレーター岡谷貞子さん(48)が分譲元のダイア建設(民事再生手続き中)に約8700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は1日、「健康被害との因果関係がある」として約3600万円分の賠償責任を認めた。

原告側弁護士によると、住宅のホルムアルデヒドとシックハウス症候群など健康被害の因果関係を認めた判決は初めてとみられる。岡谷さんはダイア建設の再生計画に沿った配当を受けることになるという。

ダイア建設は「判決を読んで対応を検討したい」としている。

酒井良介裁判官は「マンション建設時は既にホルムアルデヒドの有害性が社会問題として認知され、被害を予測して放散量の最も少ない建材を使うことも十分可能だった」と指摘。その上で、岡谷さんの健康被害との因果関係について「入居と発症の時期が近いことなどから、ホルムアルデヒドによってシックハウス症候群、さらには化学物質過敏症を発症したと認められる」とした。

判決によると、岡谷さんは横浜市鶴見区のマンションを購入し2000年7月に入居。直後から異臭を感じ、頭痛やじんましんなど症状の悪化で引っ越した。

岡谷さんは判決後「今も症状は治らず、ローンの支払いも続いている。被害者の訴えを受け止めていただいた判決をうれしく思う」と話した。


【関連記事】

シックハウス訴訟で異例の住民勝訴


                   NPO法人 シックハウス診断士協会
                      広島事務局:〒730-0856 広島市中区河原町5-3-2F
                      東京本部:〒108-0073 東京都港区三田2-1-41-1F 
                      東京事務局:〒103-0012 中央区日本橋堀留町1-11-5-2F
                      電話番号 082-961-5271  FAX番号 082-961-5272
                      ご相談 & お問い合わせメールアドレス
                              takya1123@dolphin.ocn.ne.jp        

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
シックハウス診断士協会

cb953460.jpeg
シックハウス診断士補    テキスト

シックハウス診断士補問題集

シックハウス診断士     受験テキスト

41vR1YI9nuL__SL210_.jpg
シックハウス診断士
受験テキスト(上)

51jNQrc2KYL__SL210_.jpg
シックハウス診断士
受験テキスト(下)

シックハウス診断士協会 本棚
毛髪検査
ご案内

シックハウス問題対応
         専門家コース
不動産仲裁機構


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ NPO法人 シックハウス診断士協会だより ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]