忍者ブログ
シックライフ・シックハウス症候群・化学物質過敏症・アレルギーなどに関する事柄について事務局よりお届けいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


産経新聞に口呼吸についての記事が掲載されていたので紹介します。


口呼吸になってしまうと空気中のさまざまなウイルスが体内に直接入り、感染症にかかりやすくなる。


(原因)

・アレルギーによる鼻づまりや鼻炎

・昔に比べて堅いものを食べなくなり、口の周りの筋肉が落ちたこと

・親が口呼吸だと、子供も口呼吸をする傾向にある


鼻には、空気中の細菌やウイルスが体内に入らないよう防御する効果がある。鼻の粘膜には抗菌作用のある成分が含まれ、鼻毛などが細菌やウイルスの網となる。さらに、吸い込んだ空気に適度な
湿り気を与える「優れた加湿器」としての機能も鼻にはある。

口呼吸になってしまうと、ウイルスが体内に直接入り込み、風邪などをひきやすくなる。また、だるく
疲れやすかったり、仕事や勉強などの集中力が低下したりすることなども口呼吸が一因という。



グラクソ・スミスクライン株式会社により以前行われた調査によると、


・口呼吸の子どもを持つ母親より鼻呼吸の子どもを持つ母親の方が、子どもがグッスリ眠れていると感じている割合が19%高い。

・口呼吸の子どもを持つ母親より鼻呼吸の子どもを持つ母親の方が、子どもの集中力があると答えている人が10%高くなっている。睡眠時の呼吸が、子どもの集中力に影響している可能性がある。


という結果も出ています。


以前から気になっていたのが、昔より口呼吸をしている人が多く目にするようになったこと


くちびるを取り囲む筋肉の口輪筋を鍛えるなどして、口呼吸の改善をすすめること、大事ですね。


                   NPO法人 シックハウス診断士協会
                      広島事務局:〒730-0856 広島市中区河原町5-3-2F
                      東京本部:〒108-0073 東京都港区三田2-1-41-1F 
                      東京事務局:〒103-0012 中央区日本橋堀留町1-11-5-2F
                      電話番号 082-961-5271  FAX番号 082-961-5272
                      ご相談 & お問い合わせメールアドレス
                              takya1123@dolphin.ocn.ne.jp        

  

PR

先日、あの3.11の地震経過一ヶ月前後以降では最も大きいと感じた地震の後、揺れはおさまって
いるのになんとなく体が揺れ続けている感覚、さらに気分もすぐれないという状態に。


これがいわゆる「地震酔い


これに関する記事(日本経済新聞)が出ていたので紹介します。

国立精神・神経医療研究センターは、地震で揺れていないのにめまいに見舞われたような気分になる「地震酔い」を訴える人は大震災やその後の度重なる余震の影響で体の平衡感覚に異常が生じている可能性があることを、本間元康研究員らが突き止めた。余震によるストレスが大きい人ほど症状がひどくなるという。


予防・対処法(茨城県メディカルセンターより)としては、

  • ゆっくり深呼吸をして、リラックスする
  • 身体をリラックスさせる
  • 水分を摂る
  • しっかりと睡眠をとる
  • ストレスをためない

が挙げられています。


今まで自分自身はこうした症状がなかったのですが、今回の地震であの車酔いと同じような感じに
なることを体験


これが続くと本当にしんどいだろうなと改めて感じた先日の地震でした。

 
                   NPO法人 シックハウス診断士協会
                      広島事務局:〒730-0856 広島市中区河原町5-3-2F
                      東京本部:〒108-0073 東京都港区三田2-1-41-1F 
                      東京事務局:〒103-0012 中央区日本橋堀留町1-11-5-2F
                      電話番号 082-961-5271  FAX番号 082-961-5272
                      ご相談 & お問い合わせメールアドレス
                              takya1123@dolphin.ocn.ne.jp        

                          


東京消防庁より

楽しい時間のはずが、一転・・・


        年代別の急性アルコール中毒による救急搬送人員


chudoku_04.gif










こうしてみるとやはり20代が一番多いですね。

本人の自覚もですが、周りも煽らないように気をつけないといけませんね。


他人事ではない「急性アルコール中毒」


                   NPO法人 シックハウス診断士協会
                      広島事務局:〒730-0856 広島市中区河原町5-3-2F
                      東京本部:〒108-0073 東京都港区三田2-1-41-1F 
                      東京事務局:〒103-0012 中央区日本橋堀留町1-11-5-2F
                      電話番号 082-961-5271  FAX番号 082-961-5272
                      ご相談 & お問い合わせメールアドレス
                              takya1123@dolphin.ocn.ne.jp 


ストレートネックがスマホで増加?(産経新聞)という記事


記事内容(一部)

パソコンやスマートフォン(高機能携帯電話)の急速な普及に伴い、長時間画面をのぞき込むことで
首の骨の自然な湾曲がなくなる「ストレートネック」の人が増えている。

この姿勢は頭を支えたうえで、首や肩、肘を固定するため、首の前側の筋肉(斜角(しゃかく)筋)が
強く緊張する。斜角筋は小さく伸びにくいため、頭と首が前に出る。筋肉がこの状態で固まってしまい、頸椎(けいつい)の自然な湾曲が失われてしまうのがストレートネックだ。

ストレートネックは頭が首よりも前に出るため、首や背中の筋肉によって負担がかかり、慢性的な肩こり、首のこりに悩まされやすくなる。首を曲げても下部頸椎は動かないため、手のしびれや頭痛、めまい、目の奥の痛み、吐き気といった症状が出ることもある。
 

気になったので色々調べてみましたが、


現代人はうつむき姿勢になりがちで、特に長時間デスクワークを行う人に多く見られるとのこと
 

確かに意識して自分の姿勢を見なおしてみると、


ストレートネックになるようなうつむき姿勢が、あるあるって感じですね  ガーン


なってからの治療もですが、


そうならないように普段の生活からしっかり気をつけて予防しないといけないですね。 
 

                   NPO法人 シックハウス診断士協会
                      広島事務局:〒730-0856 広島市中区河原町5-3-2F
                      東京本部:〒108-0073 東京都港区三田2-1-41-1F 
                      東京事務局:〒103-0012 中央区日本橋堀留町1-11-5-2F
                      電話番号 082-961-5271  FAX番号 082-961-5272
                      ご相談 & お問い合わせメールアドレス
                              takya1123@dolphin.ocn.ne.jp        

                                        


ちょっと前ですが、移動の地下鉄駅で手に取ったのが「メトロガイド」(いわゆる情報誌)。


その中の記事に「あなたの健康維持の秘訣を教えてください」の調査記事があったので、掲載してみます。


Q1:健康のためにどういったことに気を使っていますか?

 1位 食事

 2位 運動

 3位 睡眠

 4位 飲酒量

 5位 喫煙量


やはり食べることがトップで、次に運動。そして、睡眠。


まあ簡単に言えば、おいしく食べて、動いて、寝るってことかな ^^


Q2:おすすめの健康器具があれば教えてください。

 1位 特になし・わからない

 2位 自転車

 3位 ダンベル

 4位 バランスボール

 5位 レッグマジック


1位の特になし・わからないが数字的に圧倒的多数でした。これだけ健康器具や健康グッズが氾濫している中で何が一番おすすめなのかは実は???なんですね のっさ


まあ健康だから食事もおいしく取れ、動けるし、よく寝れるということを考えれば、健康のために気を使うという1位、2位、3位が食事運動睡眠っていうのがおもしろいくらい本能的って感じで納得ですね ^^


                   NPO法人 シックハウス診断士協会
                      広島事務局:〒730-0856 広島市中区河原町5-3-2F
                      東京本部:〒108-0073 東京都港区三田2-1-41-1F 
                      東京事務局:〒103-0012 中央区日本橋堀留町1-11-5-2F
                      電話番号 082-961-5271  FAX番号 082-961-5272
                      ご相談 & お問い合わせメールアドレス
                              takya1123@dolphin.ocn.ne.jp        

                               
シックハウス診断士協会

cb953460.jpeg
シックハウス診断士補    テキスト

シックハウス診断士補問題集

シックハウス診断士     受験テキスト

41vR1YI9nuL__SL210_.jpg
シックハウス診断士
受験テキスト(上)

51jNQrc2KYL__SL210_.jpg
シックハウス診断士
受験テキスト(下)

シックハウス診断士協会 本棚
毛髪検査
ご案内

シックハウス問題対応
         専門家コース
不動産仲裁機構


カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ NPO法人 シックハウス診断士協会だより ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]